News
きれいな女性の脚

家族の中で、よく標的にされるのが、お父さんだと言われていますが、漫画やドラマなどのコメディーにもあるように、家族では、仕事などでどうしても汗をかきやすく、なかなか着替えをすることが出来にくい環境のサラリーマンの方が、水虫を、家庭内に持ち込んでしまうことがあります。
これは、水虫が靴下などの密閉空間で大量に発生するためであり、その靴下などをそのまま、リビングなどに置きっぱなしにしてしまう他、バスルームを利用した後に、水虫がついた足で、バスルームから出てくる際のタオルやバスマットを、使用してしまうと、そこから感染経路として、他の家族の方々に水虫がうつってしまうことがあります。
これは、家庭内だけでなく、よく職場などの合同合宿でも同じような現象が見られます。
やはり、同じ理由であり感染経路は、誰かが水虫である場合に、バスマットなどから、または足ふきのためのタオルなどから、感染が広がり、瞬く間にその合宿で共同のお風呂などを使って、バスマットなどを使用した人に感染が拡大していく、このような経路になっています。
また、家庭内でも、水虫の人が使ったタオルを他の人が使うと、同じように感染が拡大するとされています。
これは、足裏などを拭いたバスタオルを、そのままかけっぱなしにして、次のお風呂などを使う家族が、水虫の菌が付着していることに気づかないまま、そのバスタオルを使うことによって、水虫にとっては喜ばしいことに、そこから、繁殖が始まってしまうのです。
そのため、必ず家族であっても、バスタオルは共同では使わないこと、そしてマットも取り換えること、このようなことが必要となってきます。
もし、家族なのに、気の毒…と思っていても、そのような優しい気持ちがさらに菌を繁殖させてしまうため、ここは心を鬼にしないといけません。

記事一覧

水虫は、白癬菌が皮膚に繁殖した皮膚疾患のうち足で発生したものを指す言葉です。 由来としては水ぶくれの...

水虫は、実はカビの一種です。 そのため、カビが大量に発生する梅雨の時期などには、他のカビと同じように...

水虫というと、足の皮膚に発症するものだと思っている人が多いことでしょう。 実は水虫は正式名称では無く...

ムトウハップは六一〇ハップとも書く、1927年に発売された入浴剤で、一般用医薬品として指定されていま...

梅雨から夏の暑い時期にかけて現れる皮膚の疾患である水虫は、強烈なかゆみにおそわれ普段の生活に影響を与...

ある日突然、足裏に酷い皮が剥けた状態を発見した、また、今まで感じたことのないような痒みを感じる、この...

夏は涼しげな感じのかわいいサンダルを履きたくもなるものです。 ですが、サンダルは足先やかかとの見える...