• ホーム
  • 水虫は時期が来たら悪化するが洗濯はどうすればいい?

水虫は時期が来たら悪化するが洗濯はどうすればいい?

足の指の間の辛いかゆみや痛みの原因である水虫は、悪臭を放ち、しかも感染してしまう恐れがあります。
感染の被害に遭うのは家族が主になりますが、プールや温泉など裸足になる場所でも注意が必要です。
感染しないようにするにはこまめに洗い乾かすことです。
水虫が辛くなる時期は個人差はありますが梅雨からです。
湿気でいつまでも指の間が乾かないような環境だと悪化してしまいます。
暑い時期が終わり冬が来るまではとても辛い思いをすることでしょう。
家族に迷惑をかけないようにしたいのですが、洗濯はどうすればよいのか悩む人も多いことでしょう。
しかし実は水虫の元となる菌は、洗濯をしてしまえば流れていってしまいます。
人の足の角質に根を張る菌は、繊維の細かい服などには根を張りにくく簡単に洗濯機で落とせてしまいます。
なので洗濯物を別にしたり、多く洗ったりする必要はありません。
しかし気になる人は漂白剤を併用することにより安心して洗濯することが出来ます。
またほどほどに熱い温水で洗うことも効果的です。
最終的には乾燥に弱いため、洗濯した後は特によく乾かすことをお勧めします。
こうすることにより、自分も家族も気持ちよく生活することができ、治療に専念することが出来るようになります。
水虫は軽い症状ならば市販薬に頼ることも対策のうちの一つですが、それには根気が必要です。
少し症状が軽くなってきたからと言って投薬を止めてしまうとより一層悩むことになります。
一年は投薬を続けることが必要です。
塗り薬やスプレー式のものなど様々ですので、自分に合うものを見つけることが大切です。
しかし可能なようならすぐ皮膚科を受診することで、正確に対処でき治りが早くなります。